akimachoのはてなブログ

ICTとデザインのためのブログ

アングロ・サクソン以前の西欧 - 井村君江『ケルトの神話』読んだ

はじめに

井村君江ケルトの神話』読んだのでメモです。

ケルトの神話―女神と英雄と妖精と (ちくま文庫)

ケルトの神話―女神と英雄と妖精と (ちくま文庫)

メモ

アングロ・サクソン以前の西洋史が知りたかったのと、西洋というと「ギリシャ哲学・キリスト教イスラム教」あたりがビックタイトルですがケルトの影響もどうかなと思ったので読んでみました。案外、ゲームやマンガで見知った人名やモノの名前が出てきてびっくりしました。スター・ウォーズ指輪物語の例を出すでもなく、神話って結構娯楽に今も影響を与えてますね。以下箇条書き。

http://livedoor.4.blogimg.jp/lingvistika/imgs/7/a/7a1f9e0b.gif

http://livedoor.4.blogimg.jp/lingvistika/imgs/7/a/7a1f9e0b.gif より

https://www.mtholyoke.edu/courses/rschwart/hist257/lawstatejudges/europebig.jpg

https://www.mtholyoke.edu/courses/rschwart/hist257/lawstatejudges/europebig.jpg

  • Redditの記事がおもしろそう

Back in the days when people believed witchcraft was a real thing and prosecuted people for being witches, how could they on one hand believe in malevolent magic and yet believe they could arrest, imprison and execute a "witch" and the witch would not escape/take revenge with their magic? : AskHistorians

  • ケルト 汎神論的
    • 森羅万象
    • 転生のお話
    • <=> キリストの一神教
  • ケルトには国つくり?天地創造の話がない(残ってないだけとのこと)
  • 古事記は、国産みと神産みではじまる

  • 訳とルビがいちいちかっこいい

    • 常若の国:チル・ナ・ノグ
    • 応酬丸:アンサラー
    • 静波号:ウェーブ・スィーバー
    • 償い:エリツク
    • 他郷:アザーワールド
    • 誓約:ゲツシユ
    • etc
  • ク・ホリンの話
    • クー・フーリンとして有名
    • 死に様がかっこいい

クー・フーリン - Wikipedia

リンドウマン、Lindow Man

Lindow Man - Wikipedia

いまだにイギリスのある地域では妖精が出没するとか

ボガート - Wikipedia

フェアリー - Wikipedia

Bogle - Wikipedia

Bogie - Mythical Creatures Guide

Bauchan - Wikipedia

そういえばブレイブハート見てない。

おわりに

ケルトを知ったのは、多分中高生の時にマンガの『Masterキートン』を読んだのがきっかけだと思います。ものしりになった気分を味合えます。この本にもキートンが追い続ける「ヨーロッパ文明ドナウ起源説」的なものが出てきます。

MASTERキートン BD-BOX [Blu-ray]

MASTERキートン BD-BOX [Blu-ray]