読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akimachoのはてなブログ

ICTとデザインのためのブログ

中井悦司『独習Linux専科』読んだ

はじめに

読んだので感想。

感想

私がLinuxを使いはじめたきっかけは、「なんかパソコンがデキる人がやってそうだから」という理由です。

黒いコンソール画面に向き合って意味の分からないことをやってる姿に憧れるというのは、プログラミングに興味を持つ動機としてよくあることだと思うのですが、私もその一人です。

最初に読んだLinux入門書は、『Unixの絵本』でした。イラストがたくさんのっているこの本を片手に、コンソール画面にcdやls、viといったコマンドを勉強していきました。

UNIXの絵本

UNIXの絵本

大体の使い方を把握したら、Apacheのインストールの仕方などWeb上にあるやり方をそのままコピペして使ってました。当然、環境が異なって動かない時があるので、ググって動く方法を探すとことになります。

そんなやり方を繰り返して勉強していくことで、簡単なWebアプリケーションを開発してデプロイすることができる程度にはなれました。

しかし、表面的なコマンドや設定をただ追っていくだけではだめだなとおもっていたので、今回『独習Linux専科』を手に取って基本から勉強することにしました。

実際、読んでみて正解でした。「Linuxの魅力」に改めて触れることができました。

良かった点を箇条書きすると、以下の5点ですかね。

  1. 本質的なところ(Linuxの思想・内部構造)から説明してくれる
  2. 1をみたした上で、いろいろな小技を教えてくれる
  3. SambaPostgreSQLRuby on Railsを使ってみるという具体例がある
  4. コラムが面白い
  5. 各章のはじめにある引用がカッコいい

まさしく点から線、線から面になるといった感じでした。他の技術を学ぶときも、この本をモデルにして勉強していきたいです。

とりあえず、パーッと一周読み終えたのでもう一度読み直したいと思います。

中井さんの本は他にも出ているので楽しみにしています。

追記

本書のサポートページがあったので、置いときます。

enakai00.hatenablog.com

サポートページ:「独習Linux専科」サーバ構築/運用/管理――あなたに伝えたい技と知恵と鉄則:|技術評論社